永代供養・水子供養・お葬式・樹木葬・葬儀は福岡や佐賀の妙鏡院。

国内でも類を見ない『散骨プラン・埋葬ブラン+永代供養+樹木葬』を始めました -自分のために 家族のために そんなみなさまの声から生まれた新しい永代供養のカタチ- 御霊観音

国内でも類を見ない『散骨プラン・埋葬ブラン+永代供養+樹木葬』を始めました -自分のために 家族のために そんなみなさまの声から生まれた新しい永代供養のカタチ- 御霊観音

国内でも類を見ない『散骨プラン・埋葬ブラン+永代供養+樹木葬』を始めました -自分のために 家族のために そんなみなさまの声から生まれた新しい永代供養のカタチ- 御霊観音

近年、墓地や納骨堂を持たない方が増えてきています。

経済的な負担や後継者に対する不安

近年、家族の負担にならないように終活を考える方が増えてきています。

墓地や納骨堂を選択しない理由

墓を持たない方の選択肢として散骨・樹木葬・永代供養が注目を集めていますが・・・

樹木葬や散骨などの墓を持たない形式を選ばれる方も増えてきていますが、専門業者にお願いするとそれなりの費用がかかりますし、自分で行うには、事前に確認することも多いですし、それなりのリスクがあります。

墓地や納骨堂を選択しない理由

新しい永代供養「御霊観音(みたまかんのん)」

御霊観音は「散骨プラン又は埋葬プランを選択、永代供養付き樹木葬」の供養です

今までは散骨や樹木葬、場合によっては永代供養も別々になっていることがありましたが、今回当院が、日本でも類を見ない「散骨プラン又は埋葬プランを選択、永代供養付き樹木葬」の供養「御霊観音(みたまかんのん)」をはじめることになりました。 遺骨は粉骨し、散骨か埋葬がえらべます。その後、当院の敷地内にある観音菩薩像前に物故者を散骨か埋葬し観音菩薩像に看取られながら沈丁花(じんちょうげ)・ゼラニウムの花と香りに包まれて自然に還り、新しい命として生まれ変わります。その後、自然に還った土を利用して別の場所にも花・木を植えて再び新しい命へと生まれ変わります。新しい永代供養をご提案し、上記にあるような不安を解消します。

「散骨+埋葬プラン+永代供養+樹木葬」の供養「御霊観音(みたまかんのん)」

御霊観音(みたまかんのん)の由来

永代供養者の御霊(みたま)を供養するという思いで名づけました。

散骨・埋葬する場所の前には観音菩薩像がやさしく見守ってくださいます。

「母のもとに帰るような場所をつくりたい・・・」これが当院の願いです。

どうぞ、心の安らぎ場として御霊観音をご利用ください。

御霊観音 = 心の安らぎ場

お墓の画像

「終活の新しいカタチ」

今までの考え方にこだわらず、自分が納得する終活をお手伝いいたします

  • ・ 宗教、宗派を問わず受け入れます。
  • ・ 遠方からのお問合わせも多数いただいております。
  • ・ 永代供養後の、年忌供養等のご希望にも対応いたします。
  • ・ 永代供養時に書面にての契約書を準備しておりますので安心です。
  • ・ 生前の契約も承っております。

遠方の方の事例について

「御霊観音(みたまかんのん)」の費用について

永代供養付き樹木葬 散骨プラン
埋葬プラン
1体、総額2万円
物故者の俗名・戒名・没年月日を墓石に彫刻を希望される方はオプションとして別途1体3万円頂戴します。
  • ※ 上記費用は一体につきの費用となります。
  • ※ 基本的に最初の費用以外がかかることはありません、ご安心下さい。
  • ※ 御霊観音の永代供養は年3回の供養を行います。(お彼岸供養『春・秋』・施餓鬼供養の年3回)
  • ※ 散骨と埋葬が選べますが、埋葬をご希望の方は埋葬許可書(もしくは墓地の改葬許可書)を提出してください。
    散骨においては、墓地・埋葬等に関する法律の対象外の為、正式な書類は今のところありませんので火葬(埋葬)許可書の提示は不要です。

国内でも類を見ない『散骨プラン・埋葬ブラン+永代供養+樹木葬』を始めました -自分のために 家族のために そんなみなさまの声から生まれた新しい永代供養のカタチ- 御霊観音

ご来院出来ない方の申込み手順について(全国対応・送骨引取)

妙鏡院まで『ご来院出来ない方は送骨引取』という新しい時代の永代供養スタイルもご案内しております。

1

メール・電話にて手続きをご依頼ください。

住職不在の場合もございますので、ご来院の際は一度お電話頂いてからお越しください。

  • TEL:0952-73-2882
  • 電話受付時間 7:00~21:00
  • メールにてお問い合わせ
  • 緊急の場合は、21:00以降もお問い合わせ承りますのでお気軽にご相談下さい。

2

永代供養申込み・契約書をダウンロード。
  • 申請書ダウンロード ダウンロードされる方は、事前に契約内容を確認してお申し込みください。契約内容を読まれた方のみ、契約を受付いたします。
  • ※ダウンロードが出来ない方は妙鏡院までご連絡ください。

3

申込み・契約書に必要事項を記載・捺印・割印していただきます。

4

郵パックにて発送していただきますが、詳しい内容は妙鏡院住職までメールかお電話でお尋ね下さい。宗教、宗旨、宗派、国籍は問いません。

申込者様には臨済宗(禅宗)に改宗されることも、妙鏡院の檀家となられる条件も付いていません。

お申込みの手順について

step1 メール・電話にて手続きをご依頼ください。 永代供養を依頼する(日時を決める)

住職不在の場合もございますので、ご来院の際は一度お電話頂いてからお越しください。

step2 妙鏡院か自宅で永代供養規約を読んでいただき、双方合意で申請用紙に故人の俗名・法名・命日 (死亡年月日)を記入の上、捺印と割印して契約書を交わす。
step3 散骨プラン・埋葬プランの方は1体、総額2万円を納めて頂きます。
(お骨は粉末状にして散骨もしくは埋葬いたします。)
step4 物故者の俗名・戒名・没年月日を墓石に彫刻を希望される方はオプションとして別途1体3万円頂戴します。
step5 埋葬をご希望の方は埋葬許可書(もしくは墓地の改葬許可書)を提出してください。
散骨においては、墓地・埋葬等に関する法律の対象外の為、正式な書類は今のところありませんので火葬(埋葬)許可書の提示は不要です。
本堂で埋葬・散骨供養をする。
その後、観音像前の散骨もしくは埋葬する場所を決定。
後日粉骨した遺骨を決定場所に埋葬か散骨する。


以上で御霊観音の供養は終了です。

ページTOPへ