福岡や佐賀で永代供養・水子供養・お葬式・樹木葬・葬儀をお探しの方は日本全国対応の小城の妙鏡院まで

     

HOME | 妙鏡院の火葬式

妙鏡院の火葬式

火葬式とは

お通夜・御葬式を行わず、妙鏡院では(枕経と火葬)のみを執り行います。内容はコンパクトですが、「納棺の儀式」や「お別れの儀式」など、故人さまへの感謝の気持ちを伝えるために必要なものが揃っています。

 臨終直後の対応

病院で死亡したとき

入院先でご逝去(死亡)された場合は、医師から死亡の事実を告げられます。
 

自宅で死亡したとき

①かかりつけ医がいない場合


持病があるなどのケースで、かかりつけ医(主治医)がいる場合は、まずその医師に連絡をとります。基本的には診察後24時間以内に治療に関連した病気で死亡した場合は、改めて診察することなく医師は死亡診断書を交付します。
 
②かかりつけ医がいない場合


病院との付合いが風邪や発熱程度だったり、直前まで元気だったのに突然倒れてしまった場合等、まだ息があるかもしれないという時は、119番で救急車を呼び病院に運ぶことになります。しかしそこで蘇生せずに残念ながら亡くなってしまった場合、一旦警察が介入することになります。警察の検視を経て、警察の嘱託医が検案(死体を調べて検分する外見的調査「検死」のこと)して死体検案書が交付されます。
 
③自宅で家族が明らかに死亡している状態で発見された場合


死亡して少し時間が経っている場合や、明らかに亡くなっていると思われる場合110番に連絡することになります。同じようにたとえ病死や自然死だったとしても、医師はすぐに死亡診断書を発行することはできず、検視を経て検案作業に入ります。病死・自然死以外による死亡や事件性の疑いがもたれる場合も検視までの流れは同様です。検視の結果、死因が明らかでない場合には「行政解剖」が行われ、犯罪死の疑いがある場合は「司法解剖」が行われます。警察が入ると事情聴取されますので「犯人扱いされるのでは」と思う方もいますが、死因を特定するために行う大事な作業なので、進んで協力していれば恐れることはありません。
 
④家で家族が亡くなったとき…絶対にやってはいけない注意点


絶対にやってはいけないことは何でしょうか? それは「ご遺体を動かすこと」です。家族の立場からしてみたら、少しでもご遺体の状態を整えてあげたいと思ってしまいますが、警察到着前にご遺体を動かしたり着替えさせたりしてしまうと、証拠隠滅をしていないか確認されるなど精神的な負担が大きくなります。葬儀社への連絡は死亡後すぐにしてもかまいませんが、葬儀社がご遺体に触れることができるのは死体検案書が交付された後になります。葬儀社には状況をきちんと伝えておくことが大切です。
 
⑤事故死のとき


警察に連絡し、警察医に死亡を確認してもらいます。警察医に死体検案書を書いてもらいます。

危篤・ご臨終(死去)からお骨上げ(収骨)までの流れ

①医師からの危篤の連絡で、病院へ駆けつける際、気をしっかりと持ち、大切な家族との時間を過ごしましょう。

危篤
家族やご友人が危篤になったら誰しも動揺し平常心ではいられないことでしょう。誰にどのように連絡すれば良いのか?どのタイミングでの連絡が良いのか?悩んでしまいます。このコラムでは、危篤や臨終時における身内の対応や、臨終後の訃報についてご紹介します。

②危篤になったら一刻も早く会わせたい人へ連絡

連絡
病状が悪化して危篤状態に陥ったときは、一刻も早く親族や親しい友人などに、最期の別れに間に合うよう連絡します。勤務先の上司や先輩、仕事関係の目上の人でも、電話での連絡が一般的ですが、不在時や相手先の都合が分からない時にはメールを利用するのも良いと思います。しかし、緊急性が高いため、電話で連絡するのがいちばん確実です。遠方に住む家族や親族には、交通事情も考え、医師と相談して少し早めに連絡する必要があります。

③入院先で、医師から臨終を告げられたら

臨終
病院でご家族やご友人がお亡くなりになられた場合、病室か霊安室に安置されます。病院からは速やかな搬送が求められます。
妙鏡院の安置所への搬送の手配をしなければなりませんので、妙鏡院もしくは葬儀社(JAプレアホール小城 24時間 ☎0952-71-1120)へご連絡ください。JAプレアホール小城に直接お電話する場合、妙鏡院の火葬式とお伝えください。深夜・早朝であっても電話1本で速やかに妙鏡院提携のJAプレアホール小城に手配、葬儀社から今後の流れなどをご案内いたします。ご遺族のご要望にあった葬儀ができるよう、真心を込めてご対応いたします。

④お迎え(寝台車(軽自動車)) 

寝台車
24時間365日、深夜早朝でもすぐにお迎えにあがります。ご逝去、病院等でお亡くなりになられた場合は寝台車(軽自動車)でお迎えにあがり、妙鏡院の安置室(霊安室)までご搬送します。搬送手続きの前に必ずご安置場所をご指定ください。ご安置の場所として、基本は妙鏡院の安置室(霊安室)に安置いたします。また、妙鏡院の火葬式では全てのセットプランに搬送料金(距離・時間により異なる)が含まれています。※医師より「死亡診断書」を必ずお受け取りください。

⑤ご遺体安置(妙鏡院か御自宅)

ご遺体安置
故人さまを清潔な棺布団に寝かせ、ご遺体を北枕(頭を北)にしてご安置します。間取り関係で北向きに寝かせられない場合、西向きにしても構いません。枕飾りは妙鏡院で常時設置しています。
※「妙鏡院の枕経・火葬式」ではセットプランに、妙鏡院の備品として常時、枕飾りの三具足(造花・燭台・香炉)リン・ローソク・線香などは常備しておりますが、持ち帰りは不可能となります。
他セット内容といたしましては、枕経・位牌・棺・棺布団・ドライアイス1回分・骨壺・遺体搬送料金(距離・時間により異なる)が含まれています。※ご遺影写真やその他オプション(生花等)については担当者にお尋ねください。

⑥枕経(枕経の時間は遺族、故人に寄り添うことは可能)

枕経
枕経(まくらぎょう・まくらきょう)とは、亡くなられてからまず最初に行われる仏教儀式のことで、故人を仏弟子にし、往生してもらうために故人の枕元でお経をあげることを枕経といいます。枕経は仏式葬儀のみ行われる読経です。

⑦お別れの儀式(火葬式の打ち合わせ)

打ち合わせ
喪家様・妙鏡院住職・葬儀社スタッフと葬儀の打合せを行います。ご葬家と話合いの上、火葬式内容の詳細を打合せします。妙鏡院の火葬式では「総額見積り」を出しておりますので、ご納得いただいた上で式を執り行います。品質面におきましては、葬儀社スタッフの厳しい品質基準に基づき、職員が担当となり執り行いますのでご安心ください。

⑧役所・火葬の手続き代行

手続き
死亡届(死体検案書)を役所に提出、火葬許可証の交付などの申請手続きを葬儀社スタッフが責任持って代行いたします。※印鑑が必要となります

 ⑨お別れの儀式 

生花
遺族や親族、親しい関係者が遺体と対面し、生花などを棺に入れ、最後の別れを告げることがお別れの儀になります。故人さまの生前の姿を偲ぶ和やかな時間であり、対面できる最後の機会です。故人さまが愛用していた品などを棺の中に入れることもできますので、ご要望の際はお申し付けください。
※生花や故人さまが愛用していた品などを棺の中に納める場合は遺族でご用意ください。葬儀社スタッフが用意する場合はオプションとして別途請求になります。
※火葬式では故人様に寄り添って過ごす、遺族控え室はご用意していません。(使用される場合はオプションとして別途請求になります)

⑩出棺

出棺
棺は重量があるため、遺族や葬儀社スタッフ数人で、霊柩車まで運びます。妙鏡院の火葬式では全てのセットプランに霊柩車料金(距離・時間により異なる)が含まれています。※霊柩車(普通車)使用の場合(別途料金)

⑪火葬(荼毘)

お棺
火葬場に着いたら、故人さまとの最後の対面をした後、喪主からご遺族、親族と関係が深い順に焼香し、納めの式を行います。休憩室で約1時間 (火葬場により荼毘時間は変わります)休息をしてお骨上げを待ちます。

⑫お骨上げ(収骨)

骨壺
火葬を終えた後に遺骨を骨壺に収める儀式です。喪主から故人さまと関係の深い順に、2人1組で箸を使い、一片の骨を骨壺に運びます。お骨上げ(収骨)が終わると、佐賀では火葬場から檀家寺にお骨を抱いて直行、お礼のお参りに行く「三日参り」と称する参詣があります。(檀家でない場合は住職に御相談ください)

後悔しない火葬式にするため

葬祭の手順や費用を丁寧にご案内。葬祭が初めての方も安心。生前中の事前相談も専門スタッフが対応し、お葬式や火葬式を終えられた後も、葬儀社スタッフがご自宅を訪問し、会話を交えながらご遺族に寄り添い、少しでもお困りごとや不安が解消できるようお手伝いをいたします。

 
 
 
 
 
 
 
 

 お問い合わせ

TEL・受付時間
葬儀の場合は24時間対応します
お急ぎの方はいつでもご連絡下さい 
                      
〒845-0004                              
佐賀県小城市小城町松尾3892-1